私の使っているギターの練習曲

練習曲 ギター
スポンサーリンク

私のオススメの練習曲

60歳を越えてギターの練習を再開しようと思い立ち

無駄に長いギター歴の中での

実際に自分でも使っていこうと思っている

オススメのギター練習曲を紹介したいと思います。

その前に、ギターを弾き始める前にすること

音階と、アグアドのあのアルペジオ数パターンは

やってから練習をはじめます。

カルカッシ25の練習曲Op.60

練習曲,Carcassi

やはりまずは、カルカッシ25の練習曲Op.60。

日本では今でも、一番有名な練習曲集だと思いますが。

ここに紹介したものは小原安正・小原聖子共著のものです。

色々批判もあるようですが、アマチュア趣味ギタリストには、

歴史的奏法など、そこまで考えなくていいと思います。

この練習曲集は、難し過ぎずそして、適度な難しさで

様々なテクニックが盛り込まれ、初級から中級への練習曲として

とても良くできていると思います。

そしてテクニックだけでなく、曲としてメロディーがきれいな曲もあります。

特にNo,3  No.9  No.18  No.24などは、なかなかきれいな曲だと思います。

中級への練習曲集の決定版だと、個人的には思っています。

ブローウェルのシンプルエチュード

練習曲,Brouwer

ブローウェルのシンプルエチュード全20曲ですが、

10番までを、主に使います。

なぜなら、後半の曲は全然シンプルじゃないからです。

でも前半の10曲は、本当にシンプルな中に

現代的な響き、各指の独立を養うのにとても良く出来ています。

セゴビア編によるソルの20の練習曲

練習曲,Sor20

これも色々批判がありますが、それはここではおいときます。

この曲集は、多くのソルの練習曲の中からセゴビアが選びだしたもので、

技術的にも、音楽的にも大変高度な曲ばかりです。

実際この中から選ばれた曲が、演奏会で使われたり、

録音されたりしています。

アグアド35のエチュード

練習曲,Aguado35

ソルと同時代のアグアドの練習曲集です。

かなりテクニックに偏った練習曲集だと思います。

かなりやさしい曲から始まりますが、すぐにテクニカルな練習曲になっていきます。

これは、その時々にあったものを使っていこうと思います。

(あのアルペジオの練習曲は、よくひくと思いますが!)

ヴィラ=ロボスの12の練習曲

練習曲,Villa-Lobos

ヴィラ=ロボスの12の練習曲の中からNo.1だけですが、

右手の指の独立性を養うのに最適なので、よく弾きます。

まだまだ練習曲はたくさん在りますが、

普段使うのはこのあたりなので、紹介させていただきました。

もっともっと紹介したい練習曲がありますので、

これからもこれからの練習のタイミングに合わせて

紹介いていきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました