私の愛聴盤1(パークニングとギター)

パークニング 私の愛聴盤

PARKNIG AND THE GUITAR music of two centuries (Recorded 1976)

パークニング

私のCDで、多分一番たくさん聴いたものだと思います。

全てギター以外の楽曲からの

編曲ものとして編まれていると思われます。

(ただ一曲目は、A.スカルラッティ作となっているが、

実際はポンセ作曲のギターオリジナルである)

もともとLPレコードだったので

前半と後半にはっきりと別れています。

前半が、バロックもので、後半が、印象派とアンコールとなっています。

  • プレアンブロとアレグロ・ヴィヴォ(A.スカルラッティ)
  • サラバンドと変奏(ヘンデル)
  • メヌエット ニ長調
  • ジーグ(ド・ヴィゼー)
  • パッサカリア(ヴァイス)
  • 神秘の防壁(クープラン)
  • 3つのジムノペディ(サティ)
  • 亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)
  • 牧歌(プーランク)
  • マ・メール・ロワ(ラヴェル)
  • アフロ・キューバン・ララバイ(グレネ)

以上ですが、特に前半のバロックものは

オーケストラ的響きが感じられたり

聴いていてとても気持ちがいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました