私の愛聴盤3(トゥリビオ・サントス/ラテン・アメリカ・ギター名曲集)

Turibio Santos 私の愛聴盤
CLASSIQUES D’AMERIQUE LATINE par TURIBIO SANTOS

Turibio Santos

1970年頃にLPのシリーズで出ていたPANORAMA de la GUITARREを

CD化したものの中の一枚。

このシリーズは、中堅から大家と呼べる演奏家を集め、

曲目も一捻りしてあって、かなり凝った内容のCDである。

その中から当時(LPの頃)よく聴いていた物。

トゥリビオ・サントスのラテン音楽モノ。

  • 舞踏礼賛(ブローウェル)
  • 田園のこだま(ブロークァ)
  • 3つの小品(チャベス)
  • 前奏曲(サントルソラ)
  • 前奏曲のOP5-1(バリオス)
  • 大聖堂
  • ショーロNO.1(ヴィラ=ロボス)
  • ヴァルサ・ショーロ
  • ベネズエラ風ワルツNO.3(ラウロ)

以上の比較的新しい曲です。

当時ヴィラ=ロボス・ラウロ以外はまだまだ珍しく

録音も少なく何度も聴いた記憶があります。

今でもブローウェル・バリオス以外はあまり録音されていないようです。

ブロークァ・チャベス・サントルソラもなかなかいい曲だと思うのですが。

他に録音されたものは一枚づつぐらいしか思い当たりません。

特にサントルソラは、雰囲気もあってもっと演奏されていいと思うのですが。

トゥリビオ・サントスのラテンものは安定の演奏で、

バリオスの大聖堂は、前奏曲こそ弾かれていませんが、

私の好きな演奏の一つです。

とのかく曲目のユニークさと、しっとりとした演奏で

今でもたまに聴いている愛聴盤の一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました