私の愛聴盤5(ブローウェル)

カセレス 私の愛聴盤

LEO BROUWER par OSCAR CACERES

カセレス

  • 題名なき小品
  • 性格的な舞曲
  • 4つのミクロピエサス(ギター二重奏)
  • 3つの協奏的舞曲
  • ペル・ソナーレ・ア・トレ
  • カンティクム
  • 永劫の螺旋
  • 舞踏礼賛

オスカル・カセレス演奏のブローウェル作品集である。

二重奏曲と協奏的舞曲にレオ・ブローウェルが演奏と指揮で参加しています。

当時(1975年)ブローウェルの作品が

色々と演奏されだした頃に出された録音です。

まとまってブローウェルの作品が、

これだけ聴けるのはこれだけで、大変貴重でした。

今ではみんな定番の曲になっていて、曲も素晴らしく

演奏も名手カセレスで申し分なく、

大変素晴らしいレコードになっていました。

現代曲の苦手な人でもブローウェルは、

ラテン風やアフリカのリズムが根底に流れていたり、

無調の曲でも中心となる音、(ミとかシとかラとかなど)があり聴きやすいと思います。

とにかくブローウェルのまとまったCDのが欲しい方には

先ず聴いて欲しい一枚です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました