私の愛聴盤6(D.スカルラッティ/12のソナタ)

ブローウェル 私の愛聴盤

D>SCARLATTI DOUE SONATAS par LEO  BROUWER

ブローウェル

  • Sonata in G K.14
  • Sonata in A K.208
  • Sonata in D K.178
  • Sonata in E K.206
  • Sonata in D K 443
  • Sonata in G K.256
  • Sonata in G K.146
  • Sonata in A K.474
  • Sonata in D K.544
  • Sonata in D minor K.1
  • Sonata in E K.380
  • Sonata in E minor K.19

以上のスカルラッティソナタが12曲

ブローウェルの編曲・演奏で聴ける。

当時(1974年)まだスカルラッティのソナタが

まとまって聴けるレコードが、少なかった頃の録音。

スカルラッティのソナタは早くから

セゴヴィアなどに編曲され、ギターで数編が演奏されていました。

これだけまとまったものは、まだまだ無くバルボザ=リマぐらいしか思い当たりません。

ギタリストで作曲家でもあるブローウェルの選んだ曲は

どれも素晴らしくギターにによく映えるものばかりです。

何故かほとんど長調の曲で、短調の曲は2曲だけになっています。

そのためかBGMにして流していても気持ちよく聴けます。

1983年に現代ギター社から、楽譜が出版されましたが

その中でブローウェル本人が解説をかいています。

形式演奏編曲について細かく解説していて

大変参考になるので、ぜひ一度目を通してみるといいと思います。

演奏はしっかりしたタッチで、よく考えられた装飾音も素晴らしく

いまでもトップレベルにあると思います。

とにかくバロックものでは、楽譜とともにイチオシのCDです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました