私の愛聴盤10(J.S.BACH COMPLETE LUTE WORKS KONRAD JUNGHANEL)

Konrad Junghanel 私の愛聴盤

J.S.BACH COMPLETE LUTE WORKS

Konrad Junghanel

  • Suite BWV 995
  • Suite BWV 997
  • Präludium BWV 999
  • Fuge BWV 1000
  • Präludium, Fuge & Allegro BWV 996
  • Suite BWV 996
  • Suite BWV 1006a

コンラート・ユングヘーネルの、バッハのリュート作品の全集

今では珍しく無くなった、リュートで弾かれたバッハの作品全集。

バッハのリュート作品の全集だけでも、まだまだ珍しかったのに

リュートで演奏したモノは、大変貴重であった。

当時出ていた録音は、ただ珍しいだけでなく、

演奏が皆特徴があってすばらしかった。

そのなかでもユングヘーネルの、演奏が好きでよく聴いていた。

流れる様な演奏が、耳に心地よく何度も聴きいた記憶があります。

ギターの演奏の方が、音楽はすっきりと聴けるのですが、

何故かギターより、リュートの演奏を聴いてしまいます。

リュートは、低音が多くそしてオクターブの跳躍がありますが、

そのため古雅な響きがして、リラックスして聴けます。

そしてリュートのバッハ全集の中でも

まだまだトップクラスのCDです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました