私の愛聴盤11(ジョン・ダウランド リュート曲全集)

ジョン・ダウランド全集 私の愛聴盤

DOWLAND Comlete Lute Music

ジョン・ダウランド全集

ジョン・ダウランドのリュート独奏曲全集です。

100以上のあるジョン・ダウランドの作品から

真作かどうか疑われるモノと

価値の薄いと判断されたものを除いた

92作品が収められています。

五人の奏者が、LP一枚ずつ録音した全集。

これはそれを4枚のCDに編み直したもの。

アントニー・ベイルズ ヤーコブ・リンドベルイ

ナイジェル・ノース クリストファー・ウィルソン

アントニー・ルーリーの、今では皆大成したした

当時(1982年)まだ若手のリュート奏者立たちです。

(現在では個人で全集を出していますし、このなか数人も、一人で全集を出しています。)

アントニー・ルーリーによるたいへん大部な解説と、

濱田滋郎氏の行き届いた楽曲解説で、

大変価値も上がっています。

そして鑑賞の手助けに非常になっています。

肝心の演奏は、申し分無く、各奏者も特徴も出て

資料としても素晴らしいですが、それ以上のCD全集になっています。

やはりジョン・ダウランドルネッサンスリュートの最高峰だと再認識できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました