私の愛聴盤15(Julian Bream RODRIGO FANTASIA PARA GENTILHOMBRE)

Julian Bream 私の愛聴盤

Julian Bream RODRIGO FANTASIA PARA GENTILHOMBRE

Julian Bream

  • 哀愁の協奏曲(ブローウェル)
  • ある貴紳のための幻想曲(ロドリーゴ)

ジュリアン・ブリーム演奏の協奏曲。

ブローウェルの新作ギター協奏曲

世界初録音が話題にもなり、その成果が最高の結果になったCD。

そしてロドリーゴの「ある貴紳の為の幻想曲」は

多分ジュリアン・ブリームにとって初めての録音だと思います。

たいへんゆったりとした演奏ですが、これも有りかなと思わせるのは流石です。

そしてブローウェルの「哀愁の協奏曲

作曲者本人ブローウェルの指揮でもあり、決定版と言える演奏になっています。

この協奏曲はブローウェルのギター協奏曲の中でも

個人的に一番好きな曲です。

大体この様な新作協奏曲は、一度録音されても

二度目は、なかなか無いのですが、

この協奏曲は、すでに他のギタリストによって録音されています。

両曲とも少し渋めですが、絶対聴いて損の無いものだこ思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました