ペペ・アビチュエラ 「マンデリに捧ぐ」

Pepe Habichuela 私の愛聴盤フラメンコ

Pepe Habichuela A Mandeli (1983)

Pepe Habichuela

  • 響き(ソレアレス)
  • そよ風(ブレリアス)
  • ドロン(ファンダンゴ)
  • グアディアナ(ハレオ)
  • 丘(タンゴス)
  • 我が大地(グラナイーナ)
  • ボアブディル(ブレリアス)
  • マンデリに捧ぐ(ルンバ)

フラメンコのCDで、パコ・デ・ルシアを除いて一番多く聴いたものです。

ペペ・アビチュエラは、パコも頭が上がらないと言われる

フラメンコ・ギターの名門一族カルモナ・ファミリーの一員である。

そして日本にも来たことのある、

スパニッシュ・フュージョングループのケタマのうち三人は、

ペペの息子・甥っ子である。

全てフラメンコの伝統的な形式ばかりで、

フラメンコの気分にたっぷりと浸れます。

やはりパコの影響が、少し感じられますが、

名門ジプシー一族らしくリズムの中での自由さ、

(音の詰め込み・微妙な間など)に溢れた演奏です。

最近のフラメンコ・ギタリストはみんなそうですが、

技術的には申し分なく、ペペは特に歌う様なラスゲアードは聴きものです。

私個人的には、このくらいのモダンさの

フラメンコギターが一番心地よいのですが。

とにかくこのCDは、フラメンコ・ギターでは一度は聴いて欲しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました