マノロ・サンルーカル(タウロマヒア)

Manolo Sanlucar 私の愛聴盤フラメンコ

TAUROMAGIA  MANOLO SANLUCAR

Manolo Sanlucar

  • 誕生
  • 闘牛士志願の少年
  • 祈り
  • マエストランサ
  • カポーテを手に
  • 槍突き
  • 銛打ち
  • ムレータで
  • 王子の門

大御所のマノロ・サンルーカルが、少し遠ざかっていた、

純フラメンコのアルバムを出したと思ったら、

とんでもなく素晴らしいモノになっていました。

一枚のアルバムとしての、まとまり・完成度とにかく最高の出来です。

マノロ・サンルーカルの最高傑作であり、

一つの企画としてのアルバムとしても最高のCDです。

他のメンバーも素晴らしく、合奏ものとしても非常にまとまっています。

それでいて、フラメンコの気分も全く失われていません。

前奏曲の気分の一曲めから始まり、タンゴ・ブレリアス・ファンダンゴ・アレグリアス

リズム曲種が続き(一曲ロンディーニャがありますが)、

バロックの組曲の様にも感じられます。

これ以前にも、フラメンコ組曲として録音されたモノがあるましたが、

このアルバムは、それらとは一線を画す完成度で、

最初から通して聴くのが、正しい聴き方だと思えます。

とにかくフラメンコのCDの中でも、トップのCDの一枚には

間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました