David Russell
スポンサーリンク

David Russell plays 19 th Century Music

David Russell

  • Andante et rondo(Aguado)
  • Introduction et polonaise(Coste)
  • Elegie(Mertz)
  • Fantasia(Broca)
  • Fantasie hongoroise(Mertz)
  • Leyenda(Manjon)
  • Aire Vasco(Manjon)
  • Reverie(Regondi)

デヴィット・ラッセルの19世紀音楽集。

ロマン派のギター曲を、集めてデヴィット・ラッセルが

録音したLPを、CD化したもので、LPには無かった

アグアドのロンドが、加えられています。

この頃はギターの暗黒期などと言われ、

なかなか楽譜も録音も少なかったです。

ここに、まとめられた作品は同時代のピアノ曲などと比べると

やはり少し見劣りしますが。

ギターの狭い場所(家庭など)で演奏する性質には、

よく合っているとも思えます。

そしてギターには、ロマンチックな音楽が大変良く似合います。

でもデヴィット・ラッセルは、過度に甘い演奏は、していなく

スッキリと気持ちよく聴かせてくれます。

この頃のデヴィット・ラッセルは、選曲のセンスもよく

演奏も素晴らしいものが多いです。

個人的には、ロマン派の音楽をもっと聴きたいので、

このCDがきっかけになったのかもしれませんだ、

最近は、この時代の音楽が少しづつ聴けるようになっているのは、

嬉しいです。

このCDは、BGM代わりにもしたりして、

かなり多く聴いています。

スポンサーリンク
おすすめの記事