G7サミット8日に開幕(産経新聞)

先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)が8、9日、カナダ東部シャルルボワで開催される。貿易問題では、「米国第一」を掲げるトランプ米政権と他の6カ国の“亀裂”が深まる恐れがある。5月31日~6月2日のG7財務相・中央銀行総裁会議で申し合わせた電子商取引への課税強化や金融機関へのサイバー攻撃対策の取り組みも報告される見通しだ。

                  ◇

 ■電子商取引、課税強化 保護主義台頭で揺らぎ

 国境を越えたインターネット通信販売企業の電子商取引への課税強化については、進出国に拠点がなくても法人税などを課税できるルール作りを急ぐことを確認した。ただ、米国を中心に保護主義が台頭し始める中、G7内での意見の隔たりは埋まらず、国際的な課税ルールをめぐる協調路線は平行線をたどっている。

 現在のルールでは、海外に事業展開している企業は進出国に支店などを持たなければ、原則、法人税は本社がある国で納める。また、法人税は利益に課すのが原則だが、電子商取引では、売上高から人件費などを差し引いた利益の算出の難しさも課題だ。このため、経済協力開発機構(OECD)では、2020年までにネット通販などを展開している国ごとの利益を適切に算出できるルールを作るとしており、G7でもこの路線に沿った対策を進める方針だが、各国の利害調整は難航しそうだ。

                  ◇

 ■サイバー攻撃対策 情報共有促進で協調へ

 金融機関へのサイバー攻撃に対しては、情報共有などで協調対応する重要性を確認した。銀行が攻撃を受ければ、金融市場の不安定化が懸念されるため、対策強化は急務になっている。

 「最も大切なのが情報共有だ」と金融庁の担当者は強調する。サイバー攻撃は新しい手法が続々と編み出されており、情報や対策を共有しなければ押さえ込むのは難しい。米国では大統領令にサイバー攻撃に関する情報共有の促進が明記され、事故が判明した際は72時間以内に当局に通知する義務などが課されている。

株式会社ワイズワンの新市場を攻める!映像ディレクション完全バイブル 体験談とネタバレがヤバいかも

株式会社ワイズワンさんの
新市場を攻める!映像ディレクション完全バイブルがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD