鈴木英夫
スポンサーリンク

鈴木英夫~フラメンコギターの幻想

鈴木英夫

  • アンダルーサ(ブレリアス)
  • 鉱夫の涙(タランタス)
  • 夜明け(アレグリアス)
  • 流浪の夜(ファルーカ)
  • 地中海(ルンバ)
  • 深い想い出(グラナディーナス)
  • キューバの風(グワヒーラ)

1980年の鈴木英夫のデビューLPレコード。

日本人のフラメンコギターで、初めて

日本的クセの無い演奏だと思ったレコードです。

これまでは、なにかリズム・間などに

日本人独特の何か違和感が有ったのですが、

このレコードには全く有りません。

細かいことを言えば、そらマイナー調の曲の時に

日本的なメロディーが聞こえたりしますが、

そんなことはどうでも良いぐらい素晴らしいできです。

師匠のマノロ・サンルーカルの影響も聞こえますが、

そんあことは、パコ・デ・ルシアでもデビュー盤では、

はっきりと、サビーカスやニーニョ・リカルドの影響が現れています。

そんな印象的なレコードでも有り、

日本人のフラメンコギターのレコードでは、

一番多く聴いたものの一つです。

傾向としては、パコ・デ・ルシアの「アルモライマ」

と同じ路線で、手拍子だけでなく、

ボンゴ・ベース・第ニギターも加わったりしています。

全曲4分以上あり、じっくり聴かせてくれます。

充実した音楽性で、日本を抜きにしてフラメンコギターの

名盤の一つです。

スポンサーリンク
おすすめの記事