飯ヶ谷守康
スポンサーリンク

羊飼いの詩/飯ヶ谷守康

ビクター JVC<DAS90>  1981年2月4,5日録音

飯ヶ谷守康

  • 還流(タラントールンバ)
  • 白い朝(ソレアレス)
  • カディスの空(アレグリアス)
  • 月明り(グラナディーナス)
  • さざめき(ブレリアス)
  • 風(タランタス)
  • 私のファルーカ
  • 宿命(シギリージャ)
  • 羊飼いの詩(セレナータ)

飯ヶ谷守康の初のソロ・フラメンコギターのアルバム。

この頃(1980年頃)から、日本人による本格的な

フラメンコギターのレコードが出てきだしました。

明らかに、セラニート、パコ・デ・ルシアの影響が

見られますが、でももうはっきりと、

飯ヶ谷守康のフラメンコになっています。

そして日本的なものをすごく感じます。

特にメロディーになにか演歌のようなモノを感じます。

でも、それが欠点になっていなくて、

しっかり飯ヶ谷守康の個性になっています。

全9曲中6曲が、完全なソロで、

ソレアレス・シギリヤスなどフラメンコの根幹の

深い曲から、ルンバ・ブレリアスなど

リズミカルで、お祭り的な曲、また叙情的な曲、

フラメンコギターの様々な面が聞こえてきます。

最後の曲はフラメンコではないですが、

非常にスペイン的で、作曲能力の高さを感じさせます。

当時早く自作が聴きたくて、たまりませんでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事