住田政男
スポンサーリンク

LA GUITARRA FLAMENCA DE MASAO SUMIDA

VICTOR PRC-30356  ℗1983

住田政男

  • 東洋の少女(ルンバ)
  • アルメリーアの夜(タランタ)
  • 歓びの朝(アレグリアス)
  • 祈り(シギリージャ)
  • アビラの星(ファルーカ)
  • 情愛(ブレリアス)
  • 悲しみの覚え書(ソレア)

住田政男の初フラメンコギターLPレコード。

真の意味での、日本人のフラメンコギタリストの登場です。

最初の、琉球のメロディーで出来た

圧巻のルンバだけだ無く、

ソレアレスにすら日本の根っこの感じられます。

そして天本英世氏が、解説で書かれていますが、

「住田政男に伴奏してもらうと非常に踊りやすい」

と日本の舞踏家に言われていたそうですが、

アレグリアス・ブレリアスを聞くと

わかる気がします。

鈴木英夫・飯ヶ谷守康とは違ったより

古いジプシー的な処から始まっているようにも思えます。

朴訥な面が、あったりしますが、

的確なコンパス感に、スッキリとしたリズム

でとても気持ちよく聴けます。

日本のフラメンコギターを、聴ける歓びを味わえる

レコードの登場!

スポンサーリンク
おすすめの記事