アンダルシア幻想曲~ギターとオーケストラのための マノロ・サンルーカル

マノロ・サンルーカル 私の愛聴盤フラメンコ

Manolo Sanlúcar Fantasia Para Guitarra y Orquesta

RCA  RVC-2231

マノロ・サンルーカル

マノロ・サンルーカルが30代の頃の録音です。

パコ・デ・ルシアとビクトル・モンヘ・セラニートとならび

フラメンコギターの三羽烏と呼ばれながら

日本への紹介が遅れたマノロ・サンルーカルの初来日に

合わせた出されたレコードです。

アンダルシア幻想曲というタイトル同理

フラメンコの伝統的な形式によらず、

4つの楽章が自由に進みます。

フラメンコ協奏曲は、サビーカス、カルロス・モントヤの洗礼が有りますが、

これも出来はビミョウです。

マノロ・サンルーカルは、これ以降フラメンコの枠にとらわれず

フラメンコの根っこは残しながら

様々な音楽を作っていきます。

そのき記念碑的作品。

コメント

タイトルとURLをコピーしました