カルロス・モントーヤ
スポンサーリンク

     Puro Flamenco con Carlos Montoya

     RCA-5179

カルロス・モントーヤ

  • ブレリーアス
  • レバンテ
  • ティエントス・ヒターノス
  • ベルディアルとファンダンゴ
  • ホタ
  • ファルーカ
  • セギリーヤとソレア・ポル・メディオ
  • マラガ
  • ソレアレス
  • グラナイーナ

1974年の5度目の来日時に、東京で録音されたLPレコード。

最初の世界で一番有名なフラメンコ・ギタリスト!

フラメンコの権化と称される大変個性的なギタリストで、

始め日本にフラメンコ・ギターを紹介し、何度も来日している

日本人に非常に馴染みのフラメンコギタリストです。

ただ演奏は非常に個性的で、フラメンコ・ギターの神様と称される

ラモン・モントヤの甥ですが、直接教えを受けなかったということです。

ラモン・モントヤより、より古い処に根を持っているようです。

音にも独特の好みが有り、低音弦を弾く親指は、

爪の音がバチバチと入り、ギターの調弦は少し低めで、

独特の世界を醸し出しています。

好き嫌いの分かれるカルロス・モントヤだと思いますが、

レコードの解説にあるエピソードを転載して終わります。

 

今のファルセータ、あれはこの私も初耳ですよ!

今日のカルロス、すばらしく興にのっているわ・・・・・・

カルロス、あなた、どうしていつもこういうふうに弾かないのよ!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事