マヌエル・カーノ
スポンサーリンク

アンダルシアの情景/マヌエル・カーノ

RPL-8180

マヌエル・カーノ

  • 星のない夜(アンヘル・バリオス)
  • 永遠のラ・ペテネーラ(アンヘル・バリオス)
  • わらべ唄(アンヘル・バリオス)
  • カディスからハバナへ(アンヘル・バリオス)
  • オリーブの林(アンヘル・バリオス)
  • 水の唄(ヴィラ=ロボス・マヌエル・カーノ編)
  • カーニャとポロ
  • タランタ
  • ジプシーのティエント
  • セギリージャ
  • バンベーラ

マヌエル・カーノの多分最後のソロの録音。

前半は、マヌエル・カーノが以前から力を入れている

アンヘル・バリオスの作品で、

一曲ヴィラ=ロボスの練習曲第一番に、

対旋律を加えと言う離れ業を行ったものが間に入り、

後半はフラメンコの曲で、曲種も深めのものを揃えています。

アンヘル・バリオスは、まさにマヌエル・カーノの先輩的人物です。

マヌエル・カーノと同じくフラメンコとクラシック両方演奏し、

作品も多く残しています。

そしていろんなギタリストによって録音されています。

マヌエル・カーノもアンヘル・バリオスの作品だけを収めた一枚を録音していました。

後は、純フラメンコばかりで、彼なりの内容の深い演奏を

しっかりしたタッチで聴かせてくれます。

マヌエル・カーノ独自の、他には無い世界感で、

フラメンコの広さを感じさせてくれます。

どんどん円熟していたマヌエル・カーノの続きを聞きたくなるレコードです。

残念ながら次はなかったようです。

本当に残念です。

スポンサーリンク
おすすめの記事