総務省、携帯3社に行政指導 2年縛り見直しなど(産経新聞)

総務省は6日、NTTドコモとソフトバンク、KDDI(au)の携帯電話大手3社に対し、スマートフォンなどを販売する際に2年間の契約を前提に基本料金を割り引く「2年縛り」の料金プランを見直すよう行政指導を行った。ソフトバンクに対しては、販売店にスマホなどの端末価格の値引きを不当に指示していたとして行政指導した。

 2年縛りの料金プランでは、契約満了直後に解約すると25カ月目の料金がかかるほか満了前の解約の場合には違約金が発生する。このため総務省は来年3月末までに、25カ月目の料金や違約金を支払わずに解約できるよう見直しを求めた。

 また、来年5月末までに、インターネットのホームページ上の手続きでMNP(番号持ち運び制度)の利用を可能とするよう対応を求めた。ネット上でのMNPについては、KDDIとソフトバンクが対応しておらず、ドコモも条件によっては対応していない。

 不当な値引きを指示したと認定されたソフトバンクは、今年1月ごろに関西の販売会社に対して米アップルの「iPhone(アイフォーン)8」や「7」など複数の機種について、1台当たり5千~1万円の値引きを求めていたという。このため、総務省は販売店が決めるべき端末価格を拘束して競争を阻害しかねないと判断し、再発防止策などをまとめて27日までに報告するよう求めた。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD