確信犯的“朝ドラ臭”が奏功、続編ほぼ確定?『未解決の女 警視庁文書捜査官』(夕刊フジ)

【TV視てますか?】

 テレビ朝日系『未解決の女 警視庁文書捜査官』(木曜午後9時)は最終回しだいで“続編”も大いにありうる。いや、ほぼ確定か。

 ともあれ、今期はフジテレビ系『シグナル 長期未解決事件捜査班』(火曜午後9時)とともに“未解決事件もの”をたっぷりと楽しませてもらった。

 『シグナル』がSF風の“理系”っぽさを持ち味としているのに対し、『未解決の女』はあくまで文書捜査を専門とする“文系”ドラマ。テレ朝はこれを“理系”の人気シリーズ『科捜研の女』と対にするコンタンかもしれない。

 大森美香脚本で、主演は波瑠。言わずと知れたNHK連続テレビ小説『あさが来た』のコンビだ。大けがから治った体育会系刑事の波瑠が配属されたのが、未解決事件を捜査する部署の文書解読係。そこに「倉庫番の魔女」の異名をとる、現場が苦手の文字フェチ刑事、鈴木京香がいる。

 理系ならぬ体育会系と文系。両極端でちぐはぐな女性刑事2人だったが、鈴木が「文字の神様が降りてきた」の決めぜりふを発して捜査の突破口を開くや、若い波瑠が持ち前のバイタリティーで現場に飛び出していく。そのパターン。

 鈴木京香はNHK朝ドラ『わろてんか』でヒロインの姑にふんしたばかりだし、鈴木に「腹黒男」と嫌われる室長には朝ドラ『ひよっこ』でヒロインの父だった沢村一樹、その部下に『あさが来た』で波瑠と共演した山内圭哉、「倉庫番」の寡黙だが声のいい刑事には『わろてんか』でヒロインの父を演じた遠藤憲一、さらに波瑠と同期の刑事に工藤阿須加(『あさが来た』では波瑠の娘婿だった!)。と、きわめて“朝ドラ臭”が過剰だが、それを気にしたら近年の民放の連ドラはほとんど見られない。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

コメント