電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供(ITmedia マーケティング)

電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は2018年5月24日、“人”基点でコンテンツマーケティングを統合・高度化する「People Driven Content Marketing(ピープル・ドリブン・コンテンツ・マーケティング)」サービスの提供を開始すると発表した。

 People Driven Content Marketingは、同グループが推進する“人”基点の統合フレームワーク「People Driven Marketing」を拡張したもの。従来のコンテンツ提供施策に、「どんな人がどんなコンテンツを見ているか」という受け手視点のデータを融合させる。

 具体的には、オウンドメディアにとどまらず、Webメディアとの継続的な連携や、広告やソーシャルメディアを含むメディアを横断したデータドリブンなコンテンツ開発・運用を実現する。

 同サービスでは8社のパートナーメディアと連携。そのプラットフォーム機能や編集機能といった資産も活用することで、コンテンツの開発・運用・評価における質量両面の向上を図る。

 施策に当たっては、メディア各社における専属メンバーを含むコンテンツディレクターやアナリストなど専門家によるグループ横断の特別ユニットを編成する。その中核を担う組織として「CCI Content Studio」を設置し、統合的なコンテンツマーケティングの戦略構築から施策展開、PDCAまでの全てを運用する仕組みと体制を整えた。

 パートナーメディアは以下の通り。

・Oath Japan
・オールアバウト
・オールアバウトナビ
・コンデナスト・ジャパン(WIRED日本版)
・C Channel
・ニューズピックス
・メディアジーン

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD