楽天、AIエージェントによる高精度な拡張ターゲティング広告を提供(ITmedia マーケティング)

楽天は、ビッグデータを分析して消費行動を理解するためのAIエージェント「Rakuten AIris(読み:楽天アイリス)を開発したと発表した。AIrisは“AI”(Artificial Intelligence:人工知能)と、英語で「虹彩」を意味する“Iris”を組み合わせた造語。機械学習を用いた独自のアルゴリズムで消費行動を解析することで購買の見込みがあるユーザーを抽出することができる「Target Prospecting機能」(下図)を有する。

 Target Prospecting機能では、対象商品の購買実績があるユーザー層の属性データや購買傾向、価格趣向、楽天グループサービス利用傾向など、920項目にのぼるデータを分析してスコア化し、マッピングする。これにより、購買層と類似しつつも購買実績のないユーザー層を「購買見込みユーザー」として予測し、広告配信において精度の高い拡張ターゲティングを行うことができる。

 また、このTarget Prospecting機能を活用した広告配信サービスとして「RMP – Customer Expansion」の提供も開始した。これまで、広告配信における拡張ターゲティングは主にアクセスログデータのみに依存していたが、RMP – Customer Expansionでは、楽天の運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」をはじめとするさまざまなEコマースサービスにおける購買データや、楽天グループサービスの利用傾向など、「量」と「質」、さらに「多様性」を兼ね備えたデータを解析することで、高精度な拡張ターゲティング配信を実現する。

 RMP – Customer Expansionは、従来の拡張ターゲティング配信のようなオンラインのディスプレイ広告だけでなく、メール型広告やオフラインにおけるダイレクトメールの郵送、サンプリング施策など、さまざまなチャネルを活用することができる。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD