契約解除の小出恵介を待つは…アングラ小劇場か夜の世界か(日刊ゲンダイDIGITAL)

「表現者として更なる可能性を切り拓くことを応援していく」

 17歳少女に酒を飲ませ淫行したとして、無期限活動停止中の俳優小出恵介(34)との専属契約を解除した大手芸能事務所アミューズは、そんなコメントを出した。小出は代理人による協議で円満退社に至ったとし、「初心に戻り、自らを律しながら、一表現者として皆様の前に姿をお見せすることができれば」としている。今後はフリーとして活動していくのだという。

 売れっ子の実力派俳優として、ドラマや映画に多数出演していた小出だけに、それなりの自信があるのだろうが、今後また第一線に返り咲くのはそう簡単じゃないようだ。

「まず連ドラ出演は無理。スポンサーの顔色をうかがって、制作がキャスティングしない。連ドラ出演が続いていたのは大手芸能プロ所属ということが大きく、フリーとなった小出には後押しも看板もない。関係者のツテをたどるなどして、小劇場での舞台か映画に売り込むかオファーを待つくらいしか当面はできないでしょう。当然ギャラも格段に下がる」(スポーツ紙芸能デスク)

■中尾彬は「いい気になっていた」と断罪

 小出の騒動が起こった当時、小出について「あいさつしない役者が3人いる。そのうちの1人」であることを明かしていた中尾彬は5日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で「いい気になってたんだよ」とバッサリ。MCの坂上忍も「応援する気にはまったくならない」と断罪した。

 小出本人は「自らを律しながらいろいろな経験を積んで視野を広げ、少しずつ歩んでいければ」と希望を語っている。だが、夜の街でチヤホヤされていい気になっていた男が果たして変われるのか。

 小出は超難関の慶応義塾高校から慶応義塾大学卒。このコースは政財界の御曹司ら裕福な家庭の子どもの多いことで知られ、在学中からエリート臭を漂わせる者も多い。小出の場合、大学時代にアミューズにスカウトされて芸能界入りしたシンデレラボーイ。下積みもせずに有名になったため、アングラの小劇場からコツコツと演技を重ねてというのは、性に合わないし厳しいという見方が強い。今回の不祥事によるイメージ悪化で冷遇されることも考えられ、それに耐えられるかも疑問だ。では、今後はどう「表現者」として生きていくのか。

「小出は写真集でヌードを披露したこともある。男性ヌードにはマーケットがあるから、ゲイ向け雑誌のモデルやAV男優には活路がある。また、セクシーDVDメーカーの系列の芸能プロが出所後の元光GENJIの赤坂晃を所属させて、有名人の所属タレント獲得に注力していることから、小出を欲しがるかもしれません。酒と女好きの有名芸能人ということで、元ジャニーズの山口達也と同様、歌舞伎町のホスト関係者から、スカウトが来る可能性もある。ホスト関係者のなかからは、小池が酒よりもセックスに依存するタイプとみて、マクラ営業専門や出張ホストに向いているとの声が上がっています。夜の世界と芸能界は遠からぬ関係があるので、ゆくゆくは流れていくかも知れません」(芸能プロ関係者)

いま、話題になっている・・・
株は5日で利益を出す!「5日株トレード法」 基本編をご存知ですか?

その効果についてもですが、
守山サーベイ 山岡 隆さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD