死亡のK・スペードさんが娘に遺書「あなたのせいではない」(日刊ゲンダイDIGITAL)

1990年代から世界中の女性の支持を集めていた米ファッションデザイナー、ケイト・スペードさん(55)が5日、自宅で死亡しているところを発見された。

 米情報サイト「TMZ」(5日付)によると、亡くなった状況は次のようなものだった。

 午前10時20分ごろ、ニューヨークにある自宅マンションで、家政婦がスペードさんの寝室に入り、クローゼットのドアノブに赤いスカーフをかけて首を吊っているスペードさんを発見した。

 スペードさんは全く反応がなく、冷たくなっていたため、家政婦はすぐにマンションの管理人に連絡。管理人は心肺蘇生法を試みたが、その場で死亡が確認されたという。

 米紙ニューヨークタイムズ(5日付電子版)によると、ニューヨーク市警は「現時点では明らかに痛ましい自殺とみられますが、捜査は初期段階です」と語ったという。

 TMZによると、娘のフランシス・ベアトリスさん(13)に宛てた遺書が残されていた。「ビー(ベアトリスの愛称)へ。ずっと愛していました。あなたのせいではありませんからね、パパに聞いてみて!」と書かれていたという。

■多くの著名人から死を惜しむ声

 スペードさんは1962年、ミシシッピ州生まれ。アリゾナ州立大でジャーナリズムを学び、卒業後にファッション誌「マドモワゼル」で、アクセサリー部門の編集長などを務めた。93年にバッグなどを扱うブランド「ケイト・スペード」を設立し、世界的な人気ブランドに成長させた。

 同社は近年、経営環環境が悪化し、昨年、米高級皮革製品メーカー「コーチ」(現タペストリー)に24億㌦(2600億円)で買収され、同社の傘下に入った。

 多くの著名人から、彼女の死を惜しむ声が上がっている。

 映画「プラダを着た悪魔」のモデルとして知られる米ファッション誌「ヴォーグ」のアナ・ウィンター編集長(68)は声明を発表。

 ハンドバッグは欧州ブランドという状況をスペードさんが完全に覆したと指摘し、「ニューヨークでは1街区歩けば、必ず彼女のバッグを目にする時期がありました。彼女のバッグは彼女そのものだった。カラフルで、気取らなくて」とその才能を惜しんだ。

 クリントン元大統領の娘チェルシーさん(38)は、「大学生の時、祖母が私にとって初めてのケイト・スペードのバッグをプレゼントしてくれました。今も大事にしています。ご家族、友人、彼女を愛する人々にお悔やみ申し上げます」とツイート。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD