銀河鉄道999も実写化 80歳越えても松本零士が愛されるワケ(日刊ゲンダイDIGITAL)

今年1月で80歳を迎えた「漫画家・松本零士」が今また大きくクローズアップされている。

 3月には「99.9―刑事専門弁護士―SEASONⅡ」(TBS系)で初のドラマ出演。5月には「銀河鉄道999」のキャラクターなどを描いた9種類のデザインマンホールが、少年時代を過ごした北九州市に設置され、JR小倉駅前で開催された式典にも出席した。

 さらにファンを喜ばせたのは、銀河鉄道999の新作だ。2007年を最後に中断していたが、生誕80年を記念して2月に刊行された「松本零士 無限創造軌道」(小学館)に掲載されている。

 5月に北九州の劇団「青春座」が上演した自伝的舞台「零のサムライ 松本零士物語」の脚本を執筆した柏田道夫氏はこう言う。

「どこを切り取って描くか苦労しました。松本先生の頭の中は、そのまま宇宙空間のようで広大すぎる。そこに銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトが飛んでいて、キャプテンハーロックやメーテルはもちろん、トチローや『男おいどん』の大山昇太までいる。宇宙人そのままみたいな人ですね。お会いすると、幼少時代から漫画家になるまでの逸話を延々と語られる。でも、ご自分が描かれた漫画についてはあまり話されない。作品がすべて、松本零士の脳内世界の具現化で、読めば分かるということでしょう」

 また、青春座代表の井生定巳氏は「先生と私は同世代で、小倉の漁師町に住んでいたという共通点もあるせいか、お会いすると小倉の昔話に花が咲きます。先生は小倉が故郷であることを非常に誇りに思われている。むろん小倉市民にとっても先生は誇りです」。

 高校在学中の1954年に漫画家デビューし、高校卒業後に小倉駅から夜汽車で上京。このときの体験が、銀河鉄道999の創作のルーツになっているという。

「12年に北九州市漫画ミュージアムの名誉館長に就任され、小倉に戻ることが増えたこともあり、先生はいま、デビューされた高校生の頃の気持ちに戻っているんじゃないでしょうか。今後も素晴らしい作品を次々と生み出されると思いますよ」(井生定巳氏)

 さらに6月18日には、「BSスカパー!」で銀河鉄道999の初の実写ドラマが放送されるが、ネット上では議論沸騰。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメント