沖縄でラスト? 安室奈美恵“引退までの空白の3カ月”巡る憶測(日刊ゲンダイDIGITAL)

「最後は笑顔で。みんな、元気でねー。バイバーイ!」

 そう5万2000人の観客に呼び掛けて、ラストツアーの最終公演を終えた安室奈美恵(40)。「9月16日以降、私がこうしてステージに立つことはありません」とも告げ、改めてデビュー記念日を区切りに引退することを宣言。しかしながら、9月までまだ3カ月以上も時間があり、さまざまな臆測を呼んでいる。所属レコード会社は「今後のことは何も決まっていません」としていることから、この期間を「空白の3カ月」として芸能マスコミは動向を探っている中、音楽関係者の多くからは、こんな見方が出ている。

「正式に引退公演と銘打ったコンサートを開催するのではないかという情報もある。ドームでの再追加公演、はたまたライブハウスなど狭い会場でのプレミアライブという噂もある。スポニチは安室が故郷沖縄でフリーライブを開催するという情報を伝えましたが、これは安室が5月に沖縄県民栄誉賞を受賞したということもあり、実現となれば県の全面協力を得ての大規模開催となりそうです」(音楽ライター)

 実際のところ、安室はどうするのだろうか。今回は国内17公演にアジア6公演でソロ史上最多の80万人を動員と、相変わらずの人気ぶりを見せただけに、“空白”のまま終わらせてしまうのでは、ファンも面白くないだろう。芸能リポーターの城下尊之氏は「たしかにそうですね」と言い、こう続けた。

「これだけ盛り上がっているのですから、ここでお別れでは忍びないというのはご本人も関係者も思っているのではないでしょうか。舞台でのカーテンコール、アンコールの拍手に応えるように、今回のツアーとはまた違った形でのステージが水面下で企画されていても何も不思議じゃない。場所は故郷沖縄。この夏、野外で全シングルを最後にもう一度、もしくは自分の好きな曲だけをと、安室さんがまたマイクを握る可能性はあると僕も思っています」

 チケット1枚1万円として、たとえば3万人動員ならチケットだけで売り上げ3億円、5万人動員なら5億円というビッグビジネスにもなる。有終の美を飾るのはやはり沖縄の地なのだろうか。

 もうひとつ、ファンならずとも気になるのは、9月の引退後のプランである。安室は京都にマンションを購入したと女性誌などが伝えた際は、安室のライブも手掛けるイベントプロデュース会社の50代社長との再婚説も浮上していた。が、安室サイドもこの社長サイドもこれを強く否定しているという。とはいえ安室と前夫でTRFのダンサーSAMとの間に生まれた長男は先月で20歳に。台湾公演にも同行するなど母子の関係は極めて良好のようだが、SAMと離婚したのは2002年7月。そろそろ新たな人生を歩み始めるにはいい時期のようにもみえる。

 前出の城下氏はこう言う。

「25年間、第一線を走り続けてきたのですから、しばらくはお休みするのではないでしょうか。ただ、将来的に復活の可能性はゼロではないと思います。安室さんと数多くのヒット曲を世に送り出した小室哲哉氏の引退宣言後、引退を惜しむ声が上がり、また何らかの芸能活動をするのではないかとの見通しが出ているように、引退宣言したからといって、また活動再開しても構わないというのが今の時代のように見えます。もちろん、それだけのファンがいてはじめての復活ですが、安室さんならば可能でしょう」

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD