映画「天命の城」にファン・ドンヒョク監督が込めた思い(日刊ゲンダイDIGITAL)

絶体絶命の窮地、いかに生き延びるか――。それが韓国で大ヒットした映画「天命の城」のテーマだ。ファン・ドンヒョク監督(47)は2017年の韓国での公開当時、「観客はため息ばかりついていました。泣いたり、怒りやもどかしさでいっぱいだった」と振り返る。「でもこの国はどうなるんだという思いから、見なければならないと思ってくれた」という。

 ――なぜ、清(中国)の侵攻にあった「丙子の役」(1636年)を題材に選んだのか。

「直接のきっかけは同タイトルの原作小説でしたが、そこで朝鮮史上、最も悲惨で屈辱的な失敗の歴史的記録に興味を持ちました。完全包囲のなか、2人の家臣が徹底抗戦か降伏で論争を起こし、そのはざまで王が揺れた。そんな内幕もドラマになると思ったのです」

 ――それは現代にも通じると。

「ええ。ちょうど大統領が弾劾され、国民が国の未来に不安を感じていたこともあり、反響を得ることができました。南北問題の他、日本や中国と隣接する韓国では、常に生き延びるための緊張感が必要でした。負け戦からも学ぶ。できるならば消したい過去ではあるのですが、それを忘れてしまうと、また繰り返してしまうかも知れないのですから」

 ――この映画の家臣たちのように、上司に部下が意見し、議論できていますか。

「『ナッツ姫』の妹で、大韓航空の専務のパワハラが日本でも伝えられた通り、そう風通し良くとはいきません。たとえば会社での上司の不義や不正を知っても、それを言うかどうかでは葛藤があるのが実情でしょう。上意下達で上が絶対というようなシステムがアジアではどこにもあるでしょう」

 ――生き延びるためであったら、不正を黙認することも必要だと。

「戦うか、従うか、という二者択一と思わず、そのときの状況を冷静にみる判断が必要だと思います。そのとき譲歩したりしても、生きていればいつか立ち上がるときはくる。ここぞというときを忘れないでいることもできますから。『丙子の役』の家臣でいえば、私は頭では和睦交渉を進言したチェ・ミョンギル(イ・ビョンホン)、心では大義を守り通しそのために死んでも抗戦するというキム・サンホン(キム・ユンソク)だと答えています」

 ――生き残りをかけて繰り広げられた47日間の論争のほか、四面楚歌の圧迫感、極寒と飢え、さらに戦闘シーンの迫力が評価されています。

「当時の兵士や民が経験したであろう寒さや苦痛、苦悩をできる限り再現して、追体験してもらえるように全て真冬の屋外で撮影しました。時代劇ですが、いつの時代でも、どこにいても起こりうる出来事だと思うし、国や世代を問わず、語り合える映画にしたかったのです」

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD