仙道敦子も…アラフィフ女優復帰の裏にスポットライト願望(日刊ゲンダイDIGITAL)

1990年代にTBS系ドラマ「クリスマス・イヴ」などでヒロインを務めた女優の仙道敦子(48)。93年に俳優の緒形直人(50)と結婚後に長らく休止していた芸能活動を再開させることが明らかになった。

 女優復帰は、7月スタートのTBS系日曜劇場「この世界の片隅に」。ドラマ公式サイトによると、役どころは主人公すずの母・浦野キセノ。仙道の連続ドラマ出演は93年「徹底的に愛は…」以来、実に25年ぶりとなる。ネットでは久々の仙道の登場に往年のファンから驚きと感激の声が上がっているという。

「長男の敦は96年6月生まれ。今月22歳になり、俳優として活躍しています。子供も独立し、50代を迎えるにあたって、もう一度、一花咲かせようというのでしょうね。復帰の噂はなかったわけじゃありません」(スポーツ紙芸能デスク)

 今の時代は引退後も将来的な復帰の可能性はゼロではないだけに、仙道の復帰も自然といえば自然か。

 芸能プロ幹部はこう言った。

「やっぱりね、一度芸能界の華やかな世界を経験するとそれを忘れられなくなるんですよ。桜田淳子さんしかり。もう一度スポットライトの中に立ってみたいという欲求が仙道さんにもあるのだと思いますよ」

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD