テレ東「マツコ、昨日死んだってよ。」は“テレビ論”の試み(日刊ゲンダイDIGITAL)

コラム【TV見るべきものは!!】

 最近よく言われる「元気なテレビ東京」を象徴するような1本だった。5月29日の深夜に放送された「マツコ、昨日死んだってよ。」だ。なんと「マツコ・デラックスが急死した」という大胆な設定で進行する異色のバラエティだった。

 いきなりニュースで訃報が伝えられ、街の声やYOU、ミッツ・マングローブなどのコメントが流される。スタジオに置かれた棺には白い衣装のマツコが横たわり、ナビゲーター役の滝藤賢一が「追悼番組」を進行させていく。ちなみにマツコは「棺に入る」以外は聞かされていないという。

 そこから展開されたのは結構鋭い「マツコ論」だ。自らを「電波芸者」と認識し、テレビというメディアが期待する「マツコ」を披露し続けてきたマツコ。その人気の核には、閉塞社会における「違和感の表明」があったことを指摘していく。

 さらに「追悼番組」の終了後、突然滝藤がスタッフやカメラ(視聴者)に向かって、「お前らがマツコを殺した!」と怒り出した。続けて「死に顔を撮れよ!これが見たかったんだろ!」と。この辺りから「マツコ論」というより「テレビ論」の様相を呈していく。

 そう、これはテレビによる「テレビ論」の試みだったのだ。「これからは枠にとらわれず、不都合に蓋をせず、多様化していかなければ」という滝藤の最後の言葉は、まさに制作側の決意だ。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD