X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由(日刊ゲンダイDIGITAL)

今年上半期、芸能界で最もブレークしたともっぱらなのが、X JAPANのToshl(52)。テレビ関係者の間では「バラエティーの救世主」とも「陰のMVP」という声まで上がっているという。“主戦場”であるライブ活動や音楽番組なら話はわかるが、なぜかバラエティーでToshlが評価されているのである。

 たとえば、2日放送のフジテレビ系「ネタパレTHEゴールデン」。レイザーラモンRGと野性爆弾くっきーがXの代表曲「紅」をバックに「Toshlはバラエティーに出がち」などと歌って笑いにしていると、Toshl本人がサプライズ登場し、驚く芸人ふたりの隣で持ち歌を熱唱。スイーツ好きなことから「ガトーショコラだ!」とシャウトして盛り上げ、自らつくったガトーショコラをふたりに食べさせて番組を沸かせた。

 スイーツ好きは今年1月にTBS系バラエティー「ペコジャニ∞!」に出演した際にToshlが打ち明けたもの。その後、同番組で料理教室に挑戦したり、街歩きのロケに参加したりして準レギュラーのポジションを獲得。

■洗脳騒動もネタにされ

 3月で終了したフジテレビ系「めちゃイケ」では、遺体の役でコントに出演し洗脳騒動をネタにされた揚げ句、岡村隆史から「バケモノアゴ男」と呼ばれながらも爆笑を誘った。さらに超難問とされるフジ系クイズ番組「99人の壁」で100万円を獲得して話題になったり、ドッキリを仕掛けられたり、情報番組の密着取材にチャレンジするなど、かつてのXファンが見たら悲鳴をあげそうなイジられぶりなのである。

「YOSHIKIが年末年始のバラエティーに出演して好評だったのがToshl起用の伏線です。Toshlは大物ミュージシャンにもかかわらず、芸人顔負けのイジリや突っ込みも苦笑しながらも文句もいわずにこなす。NGもほとんどないのですから、出演オファーが引きも切らないのは当然です」(テレビ関係者)

 芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言う。

「X JAPANはインディーズのバンドだった頃に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』に出演し、食堂でゲリラライブをやったり、睡眠中のタレントを爆音での演奏で叩き起こしたりしていた。そうやって、知名度を上げて、活動資金を稼いだりしていたのです。もともと千葉の県立進学高校のフォーク少年だったToshlがヘビメタに走ったのは、同級生のYOSHIKIの影響でした。校内ライブで先生に気をつかったり、真面目で素直なタイプだけに、洗脳騒動の被害にも遭ってしまったのでしょうけれど、イジられやすく、バラエティー向きともいえる。ミュージシャンがミュージシャンとしてテレビ出演をすると、プロモーションと扱われて、出演料は安くなりますが、DAIGOやダイアモンド☆ユカイのように、大手芸能プロのタレントになれば出演料も上がる。バラエティー向きにうまくプロデュースする人がいればもっと化けるでしょう。バラエティーに出まくってどうこうされようと、今さらイメージを崩すことはないという余裕も感じられます」

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD