G7 米、輸入制限正当性主張へ 「貿易システム修復」(産経新聞)

【ワシントン=加納宏幸】トランプ米政権の経済政策の司令塔、クドロー国家経済会議(NEC)委員長が6日、カナダで8日から開かれる先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)を前にホワイトハウスで記者会見し、鉄鋼・アルミニウムの輸入制限など同政権による通商政策の正当性を主張するとともに、「壊れた世界貿易システムの修復」を目指すと述べた。

 鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限をめぐっては、米国が1日に対象を適用除外だったカナダ、メキシコ、欧州連合(EU)にも拡大。これに対し、報復関税や世界貿易機関(WTO)提訴の動きが広がり、摩擦が強まっている。

 G7は通商問題で日欧と米国が対立する「G6プラス1」(フランスのルメール経済・財務相)という構図が鮮明になっているが、クドロー氏は日欧との摩擦を同盟国同士の「家族のけんか」にすぎないとして一蹴し、「これは『G7』の会議であり、各国首脳は一致できる」と述べた。

 クドロー氏はその上で、保護主義的と批判されているトランプ政権の通商政策を「中国による、不公平でたびたびWTO(協定)に違反している貿易慣行」などを改めさせるための措置であるとして正当化した。また、WTOが「無力」であるとして批判し、米国の輸入制限は公平で相互的な貿易を目指すもので、「大統領は最も強力な通商の改革者だ」と述べた。

 G7サミットはトランプ米大統領や安倍晋三首相らが出席して、カナダ東部シャルルボワで8日午前(日本時間9日未明)に始まり、9日午後(同10日未明)に閉幕する。

 トランプ氏はサミット出席後の12日にシンガポールで北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との初の米朝首脳会談に臨むが、クドロー氏は北朝鮮問題を「同盟国間の共通した安全保障上の課題」であるとし、サミットでの主要議題の一つとして取り上げる考えを示した。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD