大鶴義丹、オヤジやお袋が求めていたものはこれか!「40年の謎が解けてきた」 16日から開催の舞台「ユニコン物語~台東区篇~」(夕刊フジ)

俳優、大鶴義丹(50)が、16日に初日を迎える、劇団「新宿梁山泊」の舞台「ユニコン物語~台東区篇~」(25日まで)に出演する。同作は父である劇作家、唐十郎氏(78)が40年前に状況劇場で手がけた戯曲だ。なぜ今、父の舞台に挑むのか。

 「梁山泊で父の戯曲に挑戦するのはこれで6作目なんですよ」と大鶴。

 「7年前に梁山泊代表である劇作家、金守珍さん(63)に声をかけてもらって。おやじのところでやるのも何だかなと思っていたので、すっと入っていけたんです。オヤジを超えようとか気負いがあったわけでもなく…」

 少年のころ、自宅が稽古場だったこともあり、よく見てきた舞台。それを40歳を超えて自らが演じるようになって気付いたことがある。

 「子供のころは舞台袖や客席から見ていたんですよ。自分が舞台に立ったら、見ていた景色が全然違うの。オヤジやお袋(女優の李麗仙)が求めていたのはこれだったのかって、謎が解けていくようでしたよ」

 今作は「とにかくはちゃめちゃなストーリー」という。状況劇場での初演は1978年。当時、実際にあった「新生児取り違え事件」をテーマにしているが、「取り違えられた2人が出会って、恋に落ちて、そこに横井庄一さんが出てきたり…。僕は取り違えをした病院の院長なんだけど、魔王のような男で…。説明しにくい話です」。

 さらに「根津甚八さんが辞める寸前の作品なんです。根津さんやオヤジ、お袋がNHK大河ドラマに出演するなど状況劇場としては一番調子良かったころですよ」と当時の状況を説明する。

 それから40年。今だからこそ、父の舞台を上演する意味があるという。

 「残っている台本には作品を作った背景なんて書いていない。いわば不完全な説明書。当時の様子で僕だけが知っていることもある。そして、まだ当時舞台に立っていた役者の方々も現役で残っている。だからこそ、今やる必要があるんだと思っています」

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD