(堕ちた最強官庁:下)信頼低下、財政再建後退も(朝日新聞デジタル)

先月23日、財務省2階の大臣室。「財政健全化を進めていくには、信頼回復に取り組むことが不可欠だ」。麻生太郎財務相と向き合った経団連の榊原定征会長(当時)は、自身が会長をつとめる財政制度等審議会の建議を手渡し、苦言を呈した。
 財政審は、財政再建派の有識者を中心につくる財務相の諮問機関で、いわば「身内」だ。決裁文書の改ざんや次官のセクハラに加え、この日は、森友学園との交渉記録を意図的に廃棄していたことまで明らかになり、榊原氏も異例の忠告に踏み込んだ。
 相次ぐ不祥事で財務省が信頼を失えば、ただでさえ遅れる財政再建の取り組みがさらに後退しかねない。……
本文:1,489文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD