(けいざい+ WORLD)中国発EVバトル:下 心臓部の電池、世界をリード(朝日新聞デジタル)

中国・福建省北部の寧徳市。海に面し、山が迫る緑豊かな田舎町に威容を誇る高層ビルがそびえ立つ。電気自動車(EV)用の電池をつくる新興企業、寧徳時代新能源科技(CATL)が昨年10月にオープンした本社ビルだ。
 本社脇の工場には長さ約250メートルの最新鋭の製造ライン。36人で毎分20個の電池をつくる。2012年時点では150人で毎分2個のペースだった。生産効率は飛躍的に向上している。
 研究所では、電池材料の開発に原子レベルから取り組む。約3400人のエンジニアを擁し、うち119人が博士号を持つ。17年は売上高の1割弱、16億元(約270億円)を研究開発に投資した。……
本文:1,550文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD