(波聞風問)異色な定食屋の次 「閉店食堂」で開業支援 多賀谷克彦(朝日新聞デジタル)

カウンター12席だけなのに、世の注目を集め、昼食時には4~5回転する定食屋がある。人気の理由は何かを知りたいと思った。
 「未来食堂」は東京・神保町のビルの地下にある。店主の小林せかいさん(34)は数学を学び、ITエンジニアとして大手IT企業などで6年半働いていた。確かに店主の経歴としては異色だろう。
 昼のメニューは日替わり(900円)の1種類だけ。調理する時間が省け、仕入れも効率的になる。来店客の待ち時間も短縮できる。夜には「あつらえ」という冷蔵庫にある食材を2点ほど選んで調理してもらう1品400円の“メニュー”もある。……
本文:1,171文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD