北原里英“登竜門”沖田総司役に「私でいいのかな」(日刊スポーツ)

4月にNGT48を卒業した女優北原里英(26)が10日、都内で初舞台で主演を務める「新・幕末純情伝 FAKE NEWS」(7月7日~30日、東京・紀伊国屋ホール)の制作発表会に登場した。わずか、けいこ4日目にもかかわらず、報道陣の前で初挑戦の殺陣(たて)を披露した。

【写真】刀を手にポーズを決める北原里英

 「新撰組の沖田総司は女だった-」という斬新な設定でなじみの同作は、91年の牧瀬里穂主演映画で人気に火がつき、その後も舞台では、藤谷美和子、広末涼子、石原さとみ、鈴木杏、桐谷美玲、河北麻友子、そして昨年と一昨年には、SKE48卒業生の松井玲奈が演じてきた。まさに若手美人女優の登竜門的なヒロインだ。

 北原も「最初は、そうそうたる面々の後に私でいいのかなと思いましたが、10代目として過去にないほどにハードエロチックな総司を演じて、誰よりも抱きたい沖田総司と思われるように頑張ります」と意気込んだ。演出家の河毛俊作氏からも「この沖田総司は、目と唇がポイント。私の理想のヒロイン」と期待をかけられた。

 また、今週末の16日に開催される第10回AKB48世界選抜総選挙について尋ねられると、「NGT48の後輩の荻野由佳ちゃんが、2年連続で速報1位になりました。もう、これはまぐれでも何でもない実力なので、ぜひ1位になってほしいと応援しています」と、エールを送った。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD