坂本一生がラーメン店オープン 広瀬香美の芸名騒動に持論も(東スポWeb)

マッチョタレント・坂本一生(47)がプロデュースしたラーメン店が千葉県で開店した。

 坂本は14回の転職を経験してきた。現在の職業は実業家だ。昨年11月にパーソナルジムを千葉県八千代市にオープン。さらに4月1日には、千葉市内でラーメン店と焼き肉店を展開する「一’S(いちず)エンタープライズ株式会社」の取締役にも就任。過去の人気飲食店の店長経験を生かして、新店をプロデュース。今月上旬、船橋駅近くの繁華街に「屋台拉麺一’s(いちず)」船橋店をオープンした。

 本来、プロデュースする立場にもかかわらず、現場の勉強にも熱心な様子で、ラーメン作りも修業している。

「これが本当の牛骨スープのラーメンですよ。希少部位のうま味が凝縮された秘伝のスープ。稲毛にある本店は焼き肉店併設で、安倍首相がトランプ大統領と一緒に食べたのと同じ田村牛を厳選してご提供しています。焼き肉店併設ならではのおいしいスープをご堪能ください。世界で勝負できる牛骨ラーメン。海外で起業している兄が帰国したら食べさせたいですね」と坂本。

 ところで坂本といえば、もともとは「新加勢大周」としてデビュー。加勢大周が所属事務所から独立しようとしたことに対して、その事務所が対抗する形でデビューさせたわけだ。その後、坂本一生、坂本一世、大旗一生、そして坂本一生と改名を繰り返した。そんな坂本だけに広瀬香美が事務所を独立し、芸名使用禁止という制裁を受けていることにも関心を持っている。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD