【社会保険の扶養:130万円の壁】非常に多い「年収130万円」のとらえ方を誤解していた3つのパターン。(マネーの達人)

・ 所得税法上の扶養親族

・ 健康保険の被扶養者

がありますが、ここでは「健康保険の被扶養者」についてお話しします。

65歳未満で厚生年金に加入している配偶者に扶養される20歳以上60歳未満の人は、同時に国民年金の「第3号被保険者」となり、「年金の扶養」と呼んだりします。

ここでは健康保険と併せて「社会保険の扶養」ということにします。

社会保険の扶養に入るためには

年収130万円(60歳以上または障害者の場合は180万円)未満であること

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD