未分類

未分類

有働由美子アナ、大竹まことラジオで今後を語る(日刊スポーツ)

NHKを3月に退局したフリーアナウンサーの有働由美子アナ(49)が、15日放送の文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」(月~金曜午後1時)に、ゲストとして生出演することが1日、同局から発表された。有働アナの民放ラジオの出演はNHK退...
未分類

深田恭子「待ち遠しい」新4K8K衛星放送(日刊スポーツ)

深田恭子(35)が1日、都内で行われた、新4K8K衛星放送開始半年前セレモニーに出席した。4K8K推進キャラクターに起用された深田は、さわやかな白のミニ丈ワンピース姿で登場した。【写真】深田恭子が最新写真集 かわいらしさと妖艶さ凝縮 ...
未分類

SKE須田亜香里ら選抜総選挙へ向け番組で決意語る(日刊スポーツ)

SKE48須田亜香里(26)らが出演するテレ朝チャンネル1のCS番組「SKE48のホームパーティー!! ナゴヤドームの主役は私たちだぎゃSP」(10日午後5時放送)の番組内容が1日、分かった。  同番組はアイドルの素の姿をモニタリン...
未分類

「ミヤネ屋」鈴木美穂キャスター卒業、社会部記者に(日刊スポーツ)

日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」のニュースコーナーを担当する同局の報道記者兼キャスター鈴木美穂さん(34)が、1日放送をもって同番組を卒業した。  宮根誠司アナは、鈴木さんがこの日のニュースを読み終えた後「鈴木さんは今日がニュースのコー...
未分類

だまされて快感!コロンボ印の推理劇が激アツだった(日刊スポーツ)

「刑事コロンボ」の作者が82年に書き下ろした劇場ミステリー「殺しのリハーサル」が俳優山口馬木也(45)主演で舞台化され、このほど東京と石川での全公演を終えた。エドガー賞にも輝いたあざやかな推理劇と、演劇人の自意識バトルがたどり着く人間...
未分類

YU-Aがライブ ノンスタ石田明とトークも(日刊スポーツ)

3年ぶりのアルバム「OFF」を発表した、歌手YU-A(ユア、32)がこのほど、東京・渋谷のTAKE OFFでトーク&ミニライブを開いた。「その日までさよなら」「ごめんね、ママ」「君に詠フ」など5曲を熱唱した。ゲストにNON STYLE...
未分類

虎党の佐藤隆太「寂しかった」鳥谷出場記録ストップ(日刊スポーツ)

熱烈な阪神ファンの俳優佐藤隆太(38)が1日、大阪市内で、出演舞台「アンナ・クリスティ」(8月3~5日、シアター・ドラマシティ)の取材会を開き、連続試合出場記録が1939試合でストップした鳥谷敬選手について「寂しかった」と語った。【写...
未分類

星田英利が俳優部移籍、きっかけは「宮本から君へ」(日刊スポーツ)

旧芸名「ほっしゃん。」のお笑い芸人、星田英利(46)が1日、同日付で俳優部に移籍したことをブログで報告。今後は俳優業に比重を置くとした。【写真】「宮本から君へ」のロケでポスターを貼る、左から柄本時生、池松壮亮、星田英利 星田は現在テレ...
未分類

河合雪之丞「より派手になった」”新生”黒蜥蜴(日刊スポーツ)

花形新派公演「黒蜥蜴 全美版」(2~23日)の公開稽古が1日、東京・日本橋の三越劇場で行われた。名探偵明智小五郎(喜多村緑郎)と女盗賊黒蜥蜴(河合雪之丞)の対決を描いた作品。昨年初演し、好評を得ての再演。【写真】今井清隆が新派舞台「自...
未分類

水卜アナ、有働アナに教えられるのはCMタイミング(日刊スポーツ)

日本テレビの水卜麻美アナウンサー(31)が、元NHKの有働由美子アナウンサー(49)からアドバイスを請われ、恐縮しながらも「ご指導いたします!」と言い放った。【写真】水卜麻美アナのミニスカ制服姿に加藤浩次「短っ!」 有働アナは1日、自...
未分類

MAKIDAI4000万円の時計装着「光栄です」(日刊スポーツ)

EXILEのMAKIDAI(42)が1日、都内で、スイスの高級腕時計メーカ「ロジェ・デュブイ」新作発表会に出席した。【写真】スイスの高級時計メーカー「ロジェ・デュブイ」新作発表会に出席したMAKIDAI 同社は昨年、イタリアの高級車メ...
未分類

花園直道、韓国舞踊に挑戦「ぜひ見てもらいたい」(日刊スポーツ)

舞踊家の花園直道(29)が6月1日、日刊スポーツ(大阪市北区)に来社した。7月に開催する「IT,S SHOWTIME!! 花園直道×パク・ジュニョン ~日韓 夢のコラボレーション~」(7月12日、13日、東京都渋谷区・伝承ホール)につ...
未分類

北村匠海、ライバル役新田真剣佑で「ゾッとした」(日刊スポーツ)

映画「OVER DRIVE」(羽住英一郎監督)の初日舞台あいさつが1日、都内で行われ、主演の東出昌大(30)や新田真剣佑(21)らが登壇した。【写真】劇中で披露したポーズをしてみせる新田真剣佑と東出昌大 公道を使用したカーレース「ラリ...
未分類

「おっさんずラブ」最終回目前会えてよかった特集2(日刊スポーツ)

おっさん同士の純愛を描き、話題のテレビ朝日系「おっさんずラブ」(土曜午後11時15分)が2日、最終第7話の放送を迎える。ニッカンスポーツコムでは、田中圭(33)演じる天空不動産・東京第二営業所の春田創一、吉田鋼太郎(59)演じる部長の...
未分類

(動く朝鮮半島)体制保証なければ非核化進まず 兪ワン寧氏に聞く(朝日新聞デジタル)

■南北障害者体育交流委員長・兪ワン寧(ユワンヨン)氏  北朝鮮が16日、「米朝首脳会談を再考する余地がある」と語ったのは、米朝対話の主導権を握りたい思惑があったのだろう。  北朝鮮は、抑留した米市民3人の解放や核実験場廃棄の発...
未分類

(風 ロンドンから)劇作家が問う、天皇制への姿勢 石合力(朝日新聞デジタル)

「いま憲法改正で9条を語るなら、1条も一緒に語らないといけないんじゃないか」  自作の劇の公演でロンドンに滞在中の劇作家野田秀樹さん(62)から演劇と社会について聞いていたら、そんな挑発的な議論になった。  野田さんは1992年に英国に留学...
未分類

(世界発2018)米の首都、追われる黒人 かつて7割超の「チョコレートシティー」(朝日新聞デジタル)

米国の首都ワシントンはかつて黒人住民が大半を占め、「チョコレートシティー」と呼ばれた街でもある。ホワイトハウスから車で5分ほど走ると、街の風景が一変する。(ワシントン=五十嵐大介)  ■再開発「家賃高く住めぬ」  クレーンが乱立する...
未分類

(世界発2018)ヒップホップ中国流 俺たちの感情、リアルに熱唱(朝日新聞デジタル)

米国生まれの音楽、ヒップホップ=キーワード=が中国の若者に受けている。中国語で「シー哈(シーハー)」。等身大の自分をさらけ出すスタイルが人気の秘密だ。当局が規制に乗り出しても、熱気は衰えない。(北京=延与光貞)  ライブが始まった。...
未分類

(チャイナスタンダード)親中政界工作、豪・NZに矛先 与野党に巨額献金、意見誘導(朝日新聞デジタル)

軍事的に威圧するでも、強硬な外交姿勢をとるでもなく、じわりじわりと外国の政治家に「親中基準」を吹き込んでいく。中国による政界工作の矛先が、民主政治が定着した先進国に向かっている。  ■有力政治家と交流の団体、「中国共産党が関係」の指...
未分類

(地球24時)元会長が控訴 中国の保険大手詐欺事件(朝日新聞デジタル)

資金募集詐欺と業務上横領の罪に問われ、一審で懲役18年の有罪判決を受けた中国保険大手・安邦(アンパン)保険集団の呉小暉(ウー・シアオホイ)元会長が31日までに、無罪を主張して上海市高級人民法院に控訴した。中国メディアが伝えた。一審判決による...