未分類

未分類

花王、社会貢献を情報発信 社長直轄の新組織立ち上げへ(産経新聞)

花王の沢田道隆社長は4日の経営説明会で、「ESG」と呼ばれる環境や社会、企業統治に関する取り組みについて、情報発信を手掛ける新組織を近く立ち上げることを明らかにした。生活に密着した商品を数多く扱う企業として、社会に貢献している事実を積極的に...
未分類

サッカーW杯に各社期待 初戦結果が商戦活性化左右?(産経新聞)

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕まであと10日となり、国内の外食や食品、流通企業がW杯商戦に乗り出している。前回のブラジル大会は時差の関係で日本代表の試合が未明や午前の時間帯となったほか、早々と1次リーグ敗退が決まり商戦は不発に...
未分類

成長戦略素案提示で民間企業の対応は? 電機や自動車などAI、IoT対応加速(産経新聞)

政府が4日提示した成長戦略の素案では、人工知能(AI)や自動運転など次世代技術の「高度化を急ぐ」必要性が改めて強調された。すでに電機や自動車業界では、AIや自動運転技術の競争力強化に向けた大規模な研究開発投資を継続。世界企業との競争が激化す...
未分類

東芝メモリ、遠いサムスンの背中…迅速な投資が勝ち残りのカギ(産経新聞)

米投資会社ベインキャピタルを軸とする「日米韓連合」へ売却された東芝メモリが4日、都内で事業戦略説明会を開き、成毛康雄社長が「技術の優位を核にしてグローバル競争を戦う」と研究開発を加速させる方針を示した。同社が手がけるNAND型フラッシ...
未分類

中国、米国からの輸入拡大を提案へ 来週の米中通商協議(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)

中国は米ワシントンで来週開催される2回目の米中通商協議で、米国製品の輸入拡大を提案する見通しだ。全面的な貿易戦争を回避するには中国が米国製品を購入することが有効との立場で米中は一致している。  米中によると、先週北京で開かれた1回目の協議...
未分類

「安心と安全ほしい」政治に願う イラク12日総選挙、モスルは(朝日新聞デジタル)

イラクの国民議会選挙(総選挙)が12日、実施される。過激派組織「イスラム国」(IS)の最大拠点だった北部モスルでは、戦闘で崩壊した建物が多数残る街に候補者の看板が立つ。ISの恐怖支配に苦しんだ住民は、選挙に何を思い、候補者に何を託すの...
未分類

(動く朝鮮半島)北朝鮮、米との「取引」に自信 K・A・ナムクン氏に聞く(朝日新聞デジタル)

▼3面参照  ■米国の北朝鮮問題専門家、K・A・ナムクン氏  北朝鮮が金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の新年の辞で戦略を転換したのは、経済制裁が理由だとは思わない。石油の輸入制限などで経済的なダメージを受けたが、戦略を転換...
未分類

四川大地震、10年の祈り 「生きてたら息子は20歳だった」(朝日新聞デジタル)

8万7千人超の死者・行方不明者を出した2008年の中国・四川大地震=キーワード=から12日、10年を迎えた。被災地では遺族が慰霊に訪れ、犠牲者を追悼した。習近平(シーチンピン)国家主席は復興で偉大な成果を収めたとアピール。ただ、現地で...
未分類

(動く朝鮮半島)首脳会談、外交解決の最後のチャンス ダン・ブルメンソール氏に聞く(朝日新聞デジタル)

■米保守系シンクタンクのアジア研究部長、ダン・ブルメンソール氏  過去25年間の米国の対北朝鮮政策は完全な間違いだった。北朝鮮はすでに核兵器を持ち、それを載せるミサイルも持っている。これまで北朝鮮に何か見返りを与える妥協と引き換えに引...
未分類

米大使館移転、渦巻く賛否 抗議デモ予定も エルサレム(朝日新聞デジタル)

イスラエル建国70年にあたる14日に米国が大使館を移転するエルサレム南部の米国総領事館周辺では、記念式典の準備が急ピッチで進められていた。パレスチナ人は強く反発しており、大規模な抗議デモを行う予定。イスラエル側は歓迎ムードに包まれている一方...
未分類

(風 北京から)「理解し合える関係」築けるか 西村大輔(朝日新聞デジタル)

1枚の写真がある。  1985年春、大阪城の前でベージュのコートのポケットに手を突っ込んだ青年が立っている。かすかな笑みを浮かべるが、やや緊張した表情にも見える。当時29歳の李克強(リーコーチアン)首相だ。  李氏は、中国の青年代表団の副団...
未分類

(世界発2018)豪州、隠れたラクダ大国 野生化30万頭、政府「産品輸出を支援」(朝日新聞デジタル)

未分類

(世界発2018)薬物漬け、米で非常事態 鎮痛剤「オピオイド」服用契機に依存(朝日新聞デジタル)

医療用鎮痛剤「オピオイド」=キーワード=から発展した薬物の過剰摂取問題が米国社会をむしばんでいる。2016年には6万人以上が亡くなり、交通事故の死者数を上回る。働き盛りの命を奪い、米国の平均寿命も下がり始めた。トランプ大統領は昨秋、非...
未分類

(2018試練の欧州)EU、「東方拡大」にアクセル 西バルカン6カ国加盟へ首脳会議(朝日新聞デジタル)

欧州連合(EU)が今年、西バルカン地域6カ国の加盟に向けた新たな戦略を打ち出し、「東方拡大」の加速に力を注いでいる。ロシアの影響力が浸透し、中国が投資を拡大する現状への危機感からだ。17日にはブルガリアのソフィアで6カ国と全加盟国の首...
未分類

(動く朝鮮半島)体制保証なければ非核化進まず 兪ワン寧氏に聞く(朝日新聞デジタル)

■南北障害者体育交流委員長・兪ワン寧(ユワンヨン)氏  北朝鮮が16日、「米朝首脳会談を再考する余地がある」と語ったのは、米朝対話の主導権を握りたい思惑があったのだろう。  北朝鮮は、抑留した米市民3人の解放や核実験場廃棄の発表など...
未分類

(風 ロンドンから)劇作家が問う、天皇制への姿勢 石合力(朝日新聞デジタル)

「いま憲法改正で9条を語るなら、1条も一緒に語らないといけないんじゃないか」  自作の劇の公演でロンドンに滞在中の劇作家野田秀樹さん(62)から演劇と社会について聞いていたら、そんな挑発的な議論になった。  野田さんは1992年に英国に留学...
未分類

(世界発2018)ポリオ根絶、最後の闘い 昨年の発症者、パキスタン・アフガンの21人に(朝日新聞デジタル)

世界中で長年、猛威を振るった感染症ポリオ(小児まひ)。ワクチン接種で発症が激減し、世界保健機関(WHO)によると、昨年の自然感染による発症者はパキスタンとアフガニスタンの計21人だけとなった。根絶へ最後の闘いが続いている。(イスラマバ...
未分類

(世界発2018)米の首都、追われる黒人 かつて7割超の「チョコレートシティー」(朝日新聞デジタル)

米国の首都ワシントンはかつて黒人住民が大半を占め、「チョコレートシティー」と呼ばれた街でもある。ホワイトハウスから車で5分ほど走ると、街の風景が一変する。(ワシントン=五十嵐大介)  ■再開発「家賃高く住めぬ」  クレーンが乱...
未分類

(世界発2018)ヒップホップ中国流 俺たちの感情、リアルに熱唱(朝日新聞デジタル)

米国生まれの音楽、ヒップホップ=キーワード=が中国の若者に受けている。中国語で「シー哈(シーハー)」。等身大の自分をさらけ出すスタイルが人気の秘密だ。当局が規制に乗り出しても、熱気は衰えない。(北京=延与光貞)  ライブが始まった。...
未分類

(チャイナスタンダード)親中政界工作、豪・NZに矛先 与野党に巨額献金、意見誘導(朝日新聞デジタル)

軍事的に威圧するでも、強硬な外交姿勢をとるでもなく、じわりじわりと外国の政治家に「親中基準」を吹き込んでいく。中国による政界工作の矛先が、民主政治が定着した先進国に向かっている。  ■有力政治家と交流の団体、「中国共産党が関係」の指...